沖縄で部屋探し②

公開日: : 最終更新日:2014/11/12 移住

以前『うちなーらいふ』を紹介いたしましてなかなか反響が大きかったため、第2弾として沖縄での賃貸の体験談をもとに「賃貸に関わるお金の話」を紹介しようと思います。

私が実際に以前借りていた、那覇市国場の1kアパートをモデルにしています。

初期費用

私もうちなーらいふで部屋を探し、不動産屋に伺い内覧をし、契約しました。

4階建てアパートの4階で間取りは少し広めの10畳1kでした。

家賃35000円、屋根無し駐車場5000円です。

その際にかかった費用です。

項目備考金額
合計208,500円
敷金家賃1ヶ月分35,000円
礼金家賃1ヶ月分35,000円
仲介手数料家賃1ヶ月分35,000円
前家賃家賃1ヶ月分35,000円
共益費1,000円
駐車場代駐車場代1ヶ月分5,000円
車庫証明保証金家賃1ヶ月分35,000円
火災保険不動産屋指定10,000円
家賃保証料家賃の半額17,500円

家具・家電製品を含めると、初めて1人暮らしをする場合の費用は家賃10ヶ月分程度と良く言われます。

敷金は退去時の修繕費として使われます。

私は駐車場で車庫証明を取らさせていただいたため「車庫証明保証金」がかかりましたが退去時に全額返金されました。

ここ数年沖縄では家賃保証会社への加入を義務付けた上、さらに連帯保証人を取るといった少々理解に苦しむ状況が一般化しつつあります。

これは内地からの移住者に良く聞いた話ですが、最近では沖縄県在住者でも連帯保証人+家賃保証会社加入を求められるとのこと。


敷金・仲介手数料0円のからくり

最近ではうちなーらいふでも良く「敷金・礼金・仲介手数料0円」や「トリプル0」、「初期費用0円」という売り文句を良く目にします。

礼金は確かに0円でも良い気はしますが、「敷金・仲介手数料0円」は「何かウラがあるのでは?」と少し疑ってみた方が良いと思います。

敷金0円について不動産屋さんに聞いてみたところ、入居時に敷金を取らない代わりに退去時に修繕費を請求するとのことです。先に払うか、後に払うかの違いですね。

そして仲介手数料0円に関しては、通常の家賃よりも2000円程度高くして、毎月少しずつ手数料を取っているらしいです。

家賃を2000円高く設定して24ヶ月住んでもらえば48,000円。確かに不動産屋さんの仲介手数料くらいになりますね。

ですので長く住む予定であれば仲介手数料もきちんと払っておいた方がお得になるでしょう。

敷金0ヶ月礼金1ヶ月なんていう物件も

実は現在私が借りているアパートの契約条件がこの「敷金0ヶ月礼金1ヶ月」と言うものでした。

これだけみると、「礼金も払った上に退去時に修繕費も払うことになるじゃないか!」と思うかもしれません。

しかし実際は、「1年以上継続して住んだ場合は礼金1ヶ月分を敷金とする」という但し書きがありました。

大家さんとしてもなるべく長く住み続けて欲しいという思いの試行錯誤なのではないでしょうか。

「そういうことなら」と納得の上で契約いたしました。

ちなみにこの時も「連帯保証人+家賃保証会社加入」でした。

家賃保証会社意味無いじゃん!って思ったのはここだけの話です。

 

以上、簡単ではありますが私が沖縄で部屋を借りた際の費用やお金の話です。


南方 PC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 20 follow us in feedly

関連記事

うちなーらいふ

沖縄で部屋探し①

今日は沖縄の賃貸情報をお伝えします。 沖縄に移住を考えている方は、月あたりの出費を計算してみた

記事を読む

南方 PC

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


南方 PC

PAGE TOP ↑