【BT-S2】バイク用インカムが超安い‼お試し感覚で買う価値あり!【3,000円】

公開日: : 最終更新日:2017/01/28 ガジェット , ,

バイクに乗ることははとても好きなんですが、車と違って運転中にラジオや音楽が聞けないのがネック。

しかも最近は英語のリスニングを久しぶりに始めたせいもあり、せっかくならバイクに乗っている最中もリスニングが出来たらいいのにな、と考えていました。

そこで、バイクでも音楽を聴こう!と思い立ち、バイク用のインターコム、通称バイクインカムを探してみたのです。

 

日本のバイクインカムは高すぎる!

とりあえずAmazonで探してみました。

有名どころはSYGN HOUSE(サインハウス)。

 

音楽も聞けて、通話もできるタイプ。約25,000円

目を疑った。高すぎる。

いやいや、バイク用インカムなんて場合によっては雨の中でも使う上、あの狭いヘルメットにマイクやヘッドセットを突っ込むのである。

当然、故障率は他の製品よりも高くなるはず。

高すぎる上に評価が良くないのは買う気になれません。

 

もう少し探してみるとバイクパーツで有名なデイトナからも出ていました。

 

基本的にできることはサインハウスのものと同じなのに、価格は約10,000円弱。

サインハウスよ、なぜそんなに高いのだ。

先ほどのサインハウスの25,000円を見たせいか、これにしようかと思った矢先、もっと安い製品を発見。

 

6Ridersのバイクインカムです。

聞いたことのないメーカーですが調べてみると利用者は結構いるようですね。

これで約6,000円です。

機能としては音楽も聞けるし通話もできる。

デザインは悪い。しかし安い。見たまんま、中国製な作り。

んー、なんか全体的に高いような。

お試し感覚で買える値段ではないなー。

 

だったら中国から買えばいいじゃないか!

よくよく考えてみれば、この手の製品はほぼ間違いなく中国製ではないでしょうか。

だったら直接中国から買ったらもっと安い商品があるんじゃないか!ということで私大好きなgearbest様にて検索。

 

ちなみにこのgearbestというショッピングサイトショッピングサイト、海外通販なのにほとんどの商品が送料無料。

その上、日本国内より安い価格設定。

全て英語であること、海外発送なので商品到着まで時間がかかることがデメリットですが、使わないと損です。

ちなみに私はgearbestで100回近く購入していますが未着やトラブルは0「ゼロ」!!

ヤフ〇クのほうがトラブル多い・・・。

 

話が脱線しましたが、gearbestで探すとやはりたくさん出てきますね~。

 

先ほどの6ridersのバイクインカムはなんと2台で約8500円!!

証拠の画像。

fireshot-capture-78-2pcs-v6-1200m-motorcyc_-http___www-gearbest-com_car-speaker_pp_388426-html

商品リンクはこちら

1台当たり約4,200円と言ったところでしょうか。

でも、2台は要らないですよね~。

 

と言うわけでたどり着いたのがこの商品。

fireshot-capture-79-bt-s2-1000m-bluetoo_-http___www-gearbest-com_motorcycle-parts_pp_264923-html

BT-S2なるもの。日本のAmazonでも見つかりませんでした。

Bluetoothで音楽も聞けて通話もできて、マイクもヘッドセットも全部コミ、当然ですが防水仕様。

これで約3,500円!!

商品リンクはこちら

しかも私が買ったときはセール中で約3,000円弱!

2,000円台でした。買った!!

 

半ば衝動的に購入したBT-S2。

もちろん問題なく中国から届きましたので商品の紹介をしていきます。

(※しかも沖縄でも送料無料。)

 

激安バイクインカムBT-S2

沖縄まで2週間強で到着。

海外通販は「到着まで2ヶ月は許容範囲内」とおもってますので早い方でした。

s%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%a0_bluetooth-8

3,000円にしてはしっかりした箱。

箱に書いてある主な商品情報は以下の通り。

1、複数ユーザーでマルチに接続可能。

2、120km/hまで対応。

3、防水。

4、ライダー間1000mまで通話可能。

などなど。

 

開封します。

s%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%a0_bluetooth-11

お、カッコいい!

 

こちらが内容物一覧。

s%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%a0_bluetooth-12

本体、ユーザーマニュアル、マイクとヘッドセット、充電ケーブル、充電器、ステレオコード、ブラケット、ネジ、工具、両面テープ。

 

本体を見てみます。

s%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%a0_bluetooth-15

全体的にラバーで覆われていて一見して防水の模様。

でも、いずれ浸水するでしょう。

 

コネクター部はなぜか一部は露出しています。

ステレオミニケーブルを挿す部分は蓋がありますが、充電、ヘッドセット接続用ジャックは蓋が付いていません。

s%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%a0_bluetooth-17

どうせ使用中はヘッドセット接続して塞がるので蓋は要らないということでしょう。

 

充電ケーブル。microUSBではなく、Mini USB Aという超マイナー時代遅れ規格。

s%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%a0_bluetooth-18

ガジェットオタク魂の火に油を注いでくれやがります。

 

ユーザーマニュアルは英語。s%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%a0_bluetooth-28

どうせ操作方法や接続方法は他のBluetooth機器と同じです。

読めなくても問題ありません。

 

ヘルメットへの装着方法は2通り。

クリップ状のブラケットで留める方法。

s%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%a0_bluetooth-34

両面テープでくっつける方法。

s%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%a0_bluetooth-36

このどちらかになります。

 

ヘッドセット、まいくをつなげるとこんな感じになります。

s%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%a0_bluetooth-22

 

付属のステレオケーブルを使っても音楽が聴けちゃいます。

s%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%a0_bluetooth-25

 

では、実際に使ってみましょう。

まずは充電してみます。

s%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%a0_bluetooth-21

充電中はインジケーターが赤く光ります。

 

スマホとペアリング。

s%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%a0_bluetooth-39

この手の機器は電源ボタン長押しでペアリングモード。

s%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%a0_bluetooth-43

ペアリングモード中はインジケーターが青く光ります。

その最中にスマホ側で「BT-S2」を選べばペアリング完了。

 

ヘルメットに取り付ける

BT-S2をヘルメットに取り付けていきます。

※年季の入ったヘルメットです。少々見苦しい箇所がありますが(以下、ry

s%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%a0_bluetooth-46

汚いのは気にしないでください。

 

ここら辺に取り付ける予定。

s%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%a0_bluetooth-48

クラッチ側の左手で操作できる位置にしました。

 

大抵のヘルメットであれば、外側のプラスチック部分とクッション部分の間は接着されていないはず。

s%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%a0_bluetooth-49

このように隙間があるはずです。

 

そこにクリップ上のブラケットを差し込んで固定します。

s%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%a0_bluetooth-51

こんな風に。

s%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%a0_bluetooth-53

 

ヘッドセットとマイクを接続して、配線を考えます。

s%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%a0_bluetooth-54

こんな状態だと頭が痛くて運転できません。

 

大抵のヘルメットはクッションが取り外せるようになっていますのでその裏にコードを配置します。

s%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%a0_bluetooth-55

すると耳の位置にイヤホン部分だけが出てきます。

s%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%a0_bluetooth-56

イヤホン一体型ヘルメットみたいですね。

同時にマイクも適当な位置に配置。

裏側が両面テープになってますのでそれで固定。

 

反対側のイヤホンもクッション裏配線。

s%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%a0_bluetooth-58

完璧!!

 

ちょっと走りに行って来た感想

さっそくテストドライブへ。

コードを裏配線した影響か、ちょっとヘルメットがきつくなった感触がありますね。

 

ヘルメットをかぶる前に音を鳴らしてみましたが、なかなか大音量。

もちろん調節できるのですが、もしかしたらメット外に音漏れはかなりあるかも。

でも、一度公道に出てしまえばそれ以外の騒音がうるさくて外からは聞こえないと思います。

 

実際に一般道を30分ほど走った感想は「いい買い物をした」の一言。

走行中は風切り音でヘルメットの中は結構うるさくなりますが、BT-S2の音量を上げれば音楽もよく聞こえます。

ラジオをBluetoothで飛ばして聞いていたのですが、普通に聞き取ることは可能。

音質なんて気にしないので聞き取れれば十分ですし、イヤホンの位置をきちんと調整すれば意外とクリアに聞こえます。

欠点としては、たまにBluetoothの接続が不安定になること。

こればかりはスマホの位置にもよりますし、BT-S2だけの問題でもないのですが、有線接続よりは劣る点です。

ちなみに有料道路で80km/hで巡航もしましたが、その時は途切れることはありませんでした。

いったん安定して接続されれば平気なのかも。

 

とにかく、「バイクで音楽を聴く。英語のリスニングを聞く。」という目標はこの機器で完璧に達成されたわけです。

そう考えれば「いい買い物をした」ということになります。

 

「バイクの運転中にとりあえず何か聞きたい。」という方には超・超おススメです。

壊れてもまた買えばいい安さのバイク用インカムBT-S2→購入はこちらから。

南方 PC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

関連記事

【安い・簡単】海外通販GearBestの始め方【送料無料】

今日は私が良く使用している海外通販サイト『GearBest.com』の紹介と、登録方法を紹介します。

記事を読む

Ninja400にUSB電源を付けてスマホ充電!!

Ninja400にUSB電源を取り付けたときの作業記録です。 実際の作業時間は1時間未満でした

記事を読む

【Bugs6】一万円のドローンで本格4k空撮を始めよう

こんにちは。 最近ドローンにはまっております。 目的は空撮。せっかく沖縄に住んでいるのだ

記事を読む

Ployer MOMO8W ベンチマーク&ハードウェア情報

WindowsとAndroidのデュアルOSを搭載しながら1万円台前半という高コストパフォーマンスな

記事を読む

マカオのプリペイドsim『3』をモバイルルーターで使う

マカオに行った際に現地のプリペイドsimを購入し使用しました。 『3(スリー)』という会社のプ

記事を読む

Pebble timeを一ヶ月使って感じた良い点・悪い点

前回はPebble timeの開封から初期設定までを紹介しました。 Pebble timeを購

記事を読む

Ployer MOMO8W dual OSをroot化する

ハイコストパフォーマンス中華タブレット『Ployer MOMO8W dual OS』のroot化に成

記事を読む

1万円以下タブレットOnda V80 SEで大満足【写真、画面ショット大量】

さて、またまたGearbest.comから商品が送られてきました。 今回紹介するのはこちら。

記事を読む

【DBPOWER対応】GoPro、SJ4000の『専用ケース』が便利すぎる

SJ4000というGoProそっくりのアクションカメラを買って以来、ハマりにハマりまっくている私です

記事を読む

【写真レビュー】SJCAM SJ4000 & 付属品一覧

最近、自転車通勤を初めたりしたこともあって、アクションカメラというものにとても興味を惹かれていました

記事を読む

南方 PC

Comment

  1. いえっさ より:

    最近、インカムを探していたので助かりました!
    国内だけではなく、海外にも目を向けないとですね。
    これ買ってみようと思いますが……
    記事内で1km間で通話可能とありますが、この製品同士がBluetoothを利用して会話可能って事ですよね?
    恐らくカタログ値の1kmも離れて通話はできないでしょうが、その半分以外の数百メートル程度で、通話できれば十分ですし、機器同士で通話出来るなら二台セットを買ってみようかと。

    その辺りどうでしょうか?
    一応、英語は読めるので取説を読んでみようとは思いますが、書いてありますでしょうか?

    • 管理人 より:

      いえっさ様
      コメントありがとうございます。ご質問の件なのですが、私自身この機種を複数台所持していないため実際のところ『1km間で通話可能』がどの程度なのか、またどんな通信手段なのかが分かりません。
      機器の説明書等を見る限り複数台の接続はbluetoothであろうと思われます。しかしbluetoothの規格上100m繋がばいい方だと思われます。
      (説明書がもう手元にないので詳細は分からないのですが。)
      この辺りは『かの国特有の誇大広告』でしょう。(無理矢理ではありますが、例えば間隔200mずつあけて5台接続し、合計800m≒1kmとか・・・。)
      1対1で長距離の通信をするのであれば、間にスマホ等の通信機器を挟んでLINE等でやり取りされるのが現実的かと思います。
      あまり回答になっていなくて申し訳ないです。

      • いえっさ より:

        遅くなってしまいましたが、やっと無事手元に届きました。
        二台ばらばらで購入しました(割引でそっちのうが安かった)
        もう一台は、友人の分も一緒に買ったので、今月の末辺りに会う際に本体利用の通話が出来るかどうかやってみようと思います。

        自分もさっそくヘルメットに搭載して音楽を聞いたり、ナビを聞いたりと楽しんでおります。
        おまけに防水で本体利用の通話(?)も可能がこの価格で出来るのは感動ですw

        良いものを紹介視してくださり、ありがとうございました

        • みゅう。 より:

          こちらからすいません。はじめましてみゅう。といいます。
          このインカムを買ったのですがインカム同士のペアリングが出来なくて困ってます。教えていただけませんか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


南方 PC

PAGE TOP ↑