【Tera® VRBOX】VRグラスで手軽に360度3D体験!

公開日: : 最終更新日:2016/01/12 ガジェット , ,

本日は2016年に注目を集めるであろう、期待度No.1ガジェットを紹介します。

この度、中国から取り寄せていたVRグラスが3週間の配送を経てついに到着しました!

その名も『VR BOX』、そのまんまですね(笑)。

そもそもVRグラスとは何か、を簡単に説明しておきましょう。

VRグラスとは

別名『VRゴーグル』とも言います。

VRはバーチャルリアリティの略で、3D映像だったり、首を振ると映像も追従する360度映像などの総称。

この動画の中に入れちゃうんです。

VRグラスとは、手持ちのスマホを装着すると簡単に360度3D映像が楽しめるメガネのこと。

スマホをヘッドマウントディスプレイにしてしまうメガネ(ゴーグル)のことです。

ヘッドマウントディスプレイと言っても映像出力はスマホで行うため、VRゴーグル自体は非常にシンプルで激安。

有名なもので『ハコスコ』があります。
こんな段ボールとレンズだけで手軽にVR体験が出来てしまうんです。

価格も1000円強と激安。

 

他には『ルクラス』も人気があります。
と、こんなものが『VRグラス』と言われるものです。

以下から、私が購入したVRグラス『VR BOX』を紹介します。

VR BOX

私が今回購入したのがこのVR BOX。

010_VRBOX

段ボール製ではなく、ちゃんとしたプラ製品です。

 

 

ちなみにパッケージはこんな箱。

s20151216_2555_DSC_0001

中国から長旅を経てきたからか、かなり凹んでいますが商品の質には関係ありません。

 

段ボール製のVRグラスと違い、ゴーグルと顔が接触する部分はきちんと縫い合わされたクッション材が使われています。

s20151216_2563_DSC_0009

 

さらに、人によって目の幅、焦点距離を変えられるように、レンズ位置の調整も可能

s20151216_2564_DSC_0010

 

さっそくスマホを装着しましょう。

020_VRBOX

白いパネルの内側にスマホを装着できるスライドがあります。

 

引き出すとこんな感じ。

s20151216_2566_DSC_0012

 

他のスマホより厚みのあるZenfone2でもぎりぎり大丈夫でした。

iPhone6plusでも装着可能とのこと。

s20151216_2569_DSC_0015

スマホをセットしてスライドを戻します。

ちなみに一度装着すると、スマホをいちいち引き出さないと画面のタッチは出来なくなります。

それが面倒ならBluetoothリモコンを買いましょう。

 

Zenfone2装着完了!

s20151216_2571_DSC_0017

 

白いパネルの右側は開くようになっています。

s20151216_2570_DSC_0016

スマホのカメラで外の風景を映しながら、その映像にVRで仮想物を投影する場合に使用します。

例えば、実際の景色の中にアニメキャラクターを登場させる、とか言う場合に。

 

今回はgoogle ストリートビューで360度3D体験をしてみました。

s20151216_2575_DSC_0021

予めスマホでVR用の映像を映しておきます。

こんな風に右目用、左目用の映像を別に表示させ、VRグラスのレンズを使って立体に見せかけるのです。

 

感想は、単純に「すげぇ!」。

 

良く3Dゴーグルで使われる表現として「没入感」というものがありますが、確かに没入します。

自分がそこにいるかのように見えます。

上で紹介した攻殻機動隊のVRサンプル映像はもっとすごいです。

アクションシーンなんか、自分がアクションをしているかの様。

これ、確実に2016年に流行ります。と言うか、じわじわ流行ってきていますが。

ニンテンドーのバーチャルボーイ、今思うと未来を行き過ぎていたのかもしれません。

 

私が購入したVR BOXはメガネをかけたままでも装着可能。

s20151216_2578_DSC_0024

メガネがすっぽり入ります。

 

と言う訳でかれこれ4時間ほど、子供のように遊んでいました。

VR用に作られた映像コンテンツで無くても、google play等で購入した2D映画などもヘッドマウントディスプレイと同じく、目の前に大画面スクリーンがあるかのように楽しめます。

かなりの感動があったにもかかわらず、このVRBOXは価格も3,000円以下。

こんな立派なVRグラスじゃなくて良い、とりあえず試してみたいという方はハコスコがおススメ。1200円程度で買えちゃいます。

じわじわと流行りだしているものの、まだまだVRコンテンツ自体そう多くないので本格的な普及は2016年以降でしょう。

新しい物好き、ガジェット好き、飲み会のネタを求めている方、買いですよ!

南方 PC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

関連記事

値段の割に使える!Bluetoothヘッドセット・イヤフォン『Mpow Swift』

私のスマートフォンのイヤホンジャックは、落下防止のためにストラップを取り付けていますので音楽を聴くた

記事を読む

【写真レビュー】SJCAM SJ4000 & 付属品一覧

最近、自転車通勤を初めたりしたこともあって、アクションカメラというものにとても興味を惹かれていました

記事を読む

【alumania】イヤホンジャックにストラップを付けるヤツ紹介

以前の記事でストラップホールの無いスマホに、イヤホンジャックを利用してストラップを付ける方法を紹介し

記事を読む

タブレットに!超使えるbluetooth折り畳み式英語キーボード

香港旅行に行った際に、現地で折り畳みのbluetoothポータブルキーボードを購入しました。

記事を読む

【DBPOWER対応】GoPro、SJ4000の『専用ケース』が便利すぎる

SJ4000というGoProそっくりのアクションカメラを買って以来、ハマりにハマりまっくている私です

記事を読む

【レビュー】RAVPower 40W 4ポート USB充電器を買ったよ

スマートフォンの周辺機器メーカーとして、Amazonでよく見かける「RAVPower」というメーカー

記事を読む

画面の割れたスマホGalaxy S2(SC-02C)を修理してみた

知人より「スマホの画面が割れてしまった。修理できないか?」という依頼を受けました。 さっそく詳

記事を読む

「UPQ Q-camera ACX1」と「SJCAM SJ5000」は何が違う?

最近、SJ4000というアクションカメラを購入しおもちゃを買ってもらった子供のようにはしゃいでいる訳

記事を読む

Mpow Swift Bluetoothヘッドセット・イヤフォン マニュアル日本語訳

前回の投稿で Mpow®  Swift Bluetooth 4.0 ワイヤレスステレオヘッドセットイ

記事を読む

Ployer MOMO8W ベンチマーク&ハードウェア情報

WindowsとAndroidのデュアルOSを搭載しながら1万円台前半という高コストパフォーマンスな

記事を読む

南方 PC

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


南方 PC

PAGE TOP ↑